敬語について考える

こんにちは!
ネイリストのための
キャリアコンサルタント
キャリアカウンセラー
接客マナー講師の
三ッ矢玲子です。

今日はマナーのお話。

マナーの研修や講座の後には
必ずアンケートを取らせていただき
受講生の方の感想をお聞きするのですが、

『今後もっと学びたい事は何ですか?』

の質問で一番多い答えが、

◾︎言葉遣い、敬語が知りたい

というもの。

おぉ!意外!
と思いました。

てっきり、

◾︎クレーム対応
◾︎電話対応

あたりかな?と思っていました。

『敬語』

これを正しく、
完璧に使いこなすのは、
国語の専門家でも難しい!

と言われています。

敬語は、

◾︎尊敬語
◾︎謙譲語
◾︎丁寧語

がありますが、

実は2007年から

謙譲語が
◾︎謙譲語I
◾︎謙譲語II
と分かれ、

◾︎美化語

がプラスされ、

合計5種類になりました。

◾︎美化語
に関しては
以前コラムを書きましたので、
気になる方は是非お読み下さい。



特に、
謙譲語I
謙譲語II
の使い分けが難しい…

ではこれを全て完璧に
覚えなければいけないのか?
というと、

私は違うと思います。

もちろん基本の知識は大切。
ネイルの技術もそうですが、
基礎力あってこその、応用です。

正しい知識を持ってして、
相手や
シチュエーション
TPO
に合わせて、応用する。

そして根底には、

相手を思いやる心


があるかどうか。


少しくらい間違ったって、
真心がこもっていれば、

相手に伝わるものです✨

今、ネイリスト向けの
オリジナルマナーテキスト
を作成しています。

敬語についてはかなり盛りだくさんに
しましたので、
お楽しみになさってくださいね!

お読みいだだき、
ありがとうございました。

Nail&Manners ReikoMitsuya

ネイリストのための キャリアコンサルタント キャリアカウンセラー 接客マナー講師 三ッ矢玲子です 「Nail&Manners」は、 ネイルの「技術」、「接客マナー」、「キャリアプラニング」を、 日本ネイリスト協会本部認定講師、 マナーOJTインストラクター、 国家資格キャリアコンサルタント の三ッ矢玲子が、実践的にレクチャー、支援を致します。

0コメント

  • 1000 / 1000